冬季探求学習:科学実験を通して、世界の不思議に触れよう

こんにちは。エデュカーレの白石です。
今回の冬季学習会では、様々な科学実験を通して、世界の不思議に触れていただき、なんで?どうして?という興味関心につながっていくような講座を実施いたしました。今回はどんな授業に取り組んでもらったかその紹介をさせていただければと思います。

今回は、株式会社SATISTAさんの理科実験キットを利用させていただきました!

主に電気を使った実験キットを使い、ボルタ電池の作成や、自作モーターの作成などにチャレンジしてもらいました。

STISTAさんの教材の良いところは、「あ~、実験楽しかった!」で単に終わるのではなく、子どもに予想してもらったりするパートが多数盛り込まれており、子どもが自分事として実験に参加できる仕組みが作られている点でした。

「どうなると思う?」という問いに対して、自分なりに答えを考えてみて、実際にやってみたときに、結果が全然違う、となったときに興味や関心が生まれてくるのを今回の授業で改めて再確認できました。

参加してくれた子も「めっちゃ、楽しかったし、家でもいろいろ試してみる!」と言ってくれて、こちらも大成功!と心の中でガッズポーズしていました。

季節講習では、普段の勉強だけでなく、こういった興味関心を高める取り組みを引き続きやっていければと思います。

関連記事

PAGE TOP